経済の発展に伴い、私たちの生活は大量生産、大量消費、大量廃棄と廃棄物を大量に増やす結果になりました。

その結果、廃棄物処理場はあふれかえり、廃棄物を捨てる場所が残り少なくなっています。

また、廃棄物による汚染や廃棄物処理による温室効果ガスの排出など、地球環境に悪影響を及ぼすと共に地球温暖化の一因にもなっています。その為、廃棄物減量の為の様々な対策が取られています。

その一つに3R運動があります。

3Rとは、Reduce(減らす)・Reuse(再使用)・Recycle(再利用・再資源化)の頭文字を取ったものです。
資源を循環して有効利用するための循環型社会を構築して、廃棄物を減らすための基本的な考え方です。

2002年より毎年10月は「3R推進月間」と定められ、様々な普及啓発活動が行われています。
マイバッグ運動も、3R運動の一環であり、レジ袋削減を目指しています。

2001年に循環型社会形成推進基本法が施行され、生産者が廃棄物の処理に一定の責任を持つ、拡大生産者責任の原則を確立しました。

循環資源の優先順位は、Reduce(リデュース=減らす)、Reuse(リユース=再利用)、Recycle(リサイクル=再利用)、熱回収(サーマルリサイクル=燃やしてその燃料を利用する)、適正処分、の順となり、3Rはこの順位に基づいた考えです。

2001年に施行された資源促進利用法では、事業者に3Rへの取り組みを求めています。
廃棄物の大幅な削減と再生資源の利用促進を目指して、使用済み部品を新製品に組み込んで再使用することや、省資源化設計を義務付けています。
対象は10業種(建設業、電気業、鉄鋼業など)・69品目(自動車やパソコンなど)となっています。

地球温暖化の対策として、様々な法律が施行され、それに基づき廃棄物を減らし、資源を有効利用する持続可能な社会が求められています。