使用済み自動車は中古部品や使用金属の回収の視点から価値が高く、法律の施行前から解体業者によってリサイクルが進んでいました。

しかし、車の解体や破砕の後に残る廃棄物であるシュレッダー・ダストの処分費が産業廃棄物処分場のひっ迫によってかさむようになるなど、リサイクルがうまくいかなくなってきました。

そのため、不法投棄が増加して、社会問題となってきました。
これらの問題の対策として、2005年に自動車リサイクル法が施行されました。

自動車メーカーや輸入業者には、廃車の回収・再利用、自動車のエアコンに使われているフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグの適切なリサイクルと回収が義務付けられています。

この法律には、大量のシュレッダー・ダストの減量、不法投棄や不正処理の防止の他に、廃棄物を減らしフロンなどを回収することにより地球温暖化を防ぐ目的があります。

リサイクルに係る費用は、家電リサイクルとは違い、新車の購入時に徴収することになりました。

自動車リサイクル法施行前に購入していた自動車は、施行後最初の車検前までの支払いとなります。

リサイクル料金は、自動車によって異なり、一般の自動車で7千円~1万8千円程度です。
また、エアバッグやエアコンを購入後に取り付けた場合は廃車時の支払いとなります。
二輪車は対象外です。

自動車リサイクル法をはじめ様々なリサイクル法が廃棄物減量・資源の有効利用などの対策として施行され、廃棄物の有効利用や不法投棄の防止を抑制しています。

しかし、件数は減少しているものの、不法投棄は今もなくなってはいません。
地球温暖化の防止や地球環境の維持の為にも、資源の有効利用のできる社会を整備しなければなりません。