1997年に地球温暖化を防止する為の温室効果ガス削減を義務付けた京都議定書が採択されました。

京都議定書の採択を受け、1998年に地球温暖化対策推進法が公布され、1999年4月に施行されました。

この法律では、国・地方自治体・事業者・国民が一体となって取り組むべき役割が明言されています。

地球温暖化を防止して、京都議定書での温室効果ガス削減義務達成を目指しています。
2006年の改正では、温室効果ガスを大量に排出する者に、温室効果ガスの排出量算定と国への報告を義務付けています。

京都議定書の発効を受けて、2005年4月に京都議定書目標計画が策定されました。
2008年から2012年にかけて、1990年比で温室効果ガスを6%削減する為ですが、逆に、2005年現在で1990年比7.7%増であり、削減のために一層の努力が必要とされています。

省エネルギー法は1979年に制定された法律ですが、京都議定書の採択を受けた1999年の改正では、トップランナー方式の基準の導入を取り入れました。

トップランナー方式とは、省エネルギー基準をそれぞれの製品で、現在販売されている製品のうち最もエネルギー消費効率の優れているものの性能以上にするという、自動車、テレビ、エアコン等のエネルギー消費効率を向上させる対策の推進です。
2006年の改正施行では、液晶・プラズマTV・DVDレコーダー、重量車等が対象追加されました。

このように、京都議定書の削減義務達成を目指して、様々な法律等が作られました。
それは地球温暖化を防止するための対策につながるものです。
国や事業者だけでなく、国民もまた省エネルギーを考えた行動をとる必要があるでしょう。