2005年の夏、オフォスでの冷房温度28℃を定着させる為の対策として提案されたのがクールビズです。
上着を脱ぎ、ネクタイをはずすと体感温度が2℃下がることから、オフォスでの快適なファッションとして提案されたクールビスはブームとなり、2005年10月末には約100万世帯分に相当する二酸化炭素が削減されたと発表されました。

地球温暖化の防止の為、環境省ではオフィスの暖房温度を20℃に、と提案しています。
暖房に頼らず、服を着て暖かくしたり、断熱性の高い建物にして暖房をつけないようにするなど、地球温暖化を招く温室効果ガスの排出を減量させる試みがウォームビズです。

クールビズもウォームビズも、共に国民運動であるチーム・マイナス6%の一環です。
クールビス、ウォームビズは衣料品の販売やメーカーの業績が伸びに貢献しました。
クールビス、ウォームビズのライフスタイルは定着しつつあり、これからも大きな経済効果が期待できそうです。

クールビズ・ウォームビズをオフィスだけでなく、個人の家庭でも実施するという試みが「うちエコ」といわれています。
暖房の温度を21℃から20℃にした場合、1家庭で1年間に約25.7kgの二酸化炭素が削減できると言われています。
現在、家庭からの温室効果ガスも増加しています。
そのため、家の中の衣食住を通して、地球温暖化防止の対策も重要です。
「うちエコ」推進は温室効果ガス削減に大きな力となる国民運動なのです。