原子力発電とは、ウランなどの核燃料が原子炉の中で核分裂するときに出る高温・高圧の蒸気を利用して発電するシステムのことです。

日本では、1966年に東海発電所が最初に原子力発電を始めました。
燃料のウランはオーストラリアやカナダなどの政情が安定している国から輸入している為、安定的に供給確保ができています。
ウランによる原子力発電はエネルギー効率が高いことから、日本のエネルギーの重要な位置を占めるようになっています。

発電そのものは二酸化炭素を排出しないことから地球温暖化の対策として日本では原子力発電を推進しています。
2006年12月現在、商業用の原子力発電所は日本で55基が運転されていて、私達の使う電気の約1/3を発電しています。

使用済み燃料からウランやプルトニウムを取り出してリサイクルして、ウラン燃料の利用効率を高めることができます。
プルサーマルとは、再処理されたウランとプリトニウムを混ぜて加工してできたMOX燃料を、再び原子力発電所で利用することです。
日本ではこのプルサーマル導入を各電力会社が目指しています。

しかし、放射能漏れが起こると人体に大きな被害が起こることから、放射性物質の安全管理の徹底が不可欠であることや、放射性廃棄物の処分の問題があります。

今後、発電所の耐震性も含めどのように安全性を高めるかが重要となっています。
原子力発電は地球温暖化を阻止する対策としては大きな位置にありますが、ドイツなど原子力発電を将来全廃するところもあり、国によって扱いが違うのが現状のようです。