再生可能エネルギーは、化石燃料とは違って、太陽が照り続ける限り、枯渇しない自然エネルギーです。
現在、地球温暖化抑制の対策として導入が図られています。

再生可能エネルギーの中で、導入が進んでいるのが太陽光発電になります。
太陽光発電は、シリコン半導体に光が当たると電気が発生する現象を利用した太陽電池を使い、太陽光より直接発電するシステムのことです。

地球温暖化の原因となる二酸化炭素を全く排出しないクリーンなエネルギーとして導入の拡大が期待されています。
昼間の電力需要時に発電ができる点で優れていますが、日照量の影響を受けやすく、設備のコストが割高でメンテナンスが必要な点が課題といえます。

太陽熱利用は太陽熱温水器やソーラーシステムのより熱媒体を温め温水を作り、給湯や冷暖房に利用します。
一般家庭であれば給湯需要の大半をまかなうことができます。
2010年には、2005年度比約2.8倍の482万kWの導入目標が掲げられています。

風力発電は風力により風車を回して、発電機を駆動して発電します。
クリーンで枯渇がなく、電気エネルギーへの変換効率が良いエネルギーです。
企業や市民団体、電力会社などが風力発電の建設や運営に力を入れています。

問題点としては、必要な風力が得られる場所が限定され、出力が安定しない点にあります。
また、鳥が風車に巻き込まれたり、風車の騒音などの問題が起きています。

地球温暖化の対策に、このような再生可能エネルギーの導入は大きな役割を担っています。