2005年末現在、世界のバイオ燃料の生産量は、バイオエタノール約3650万キロリットル、バイオディーゼル約400万キロリットルです。
。 バイオエタノールの生産量は、アメリカとブラジルの2ヶ国で世界の生産量の約7割を占めています。
EUや中国、インドなどでもバイオエタノールは生産されており、その生産量は年々増加しています。

バイオエタノールの輸送用燃料利用方法には、ガソリンとエタノールを直接混合する方法と、バイオエタノールから添加剤(ETBE)を製造し、ガソリンにこれを添加する方法の2通りがあります。

現在の、生産されるバイオエタノールの大半は、ガソリンとの直接混合での利用です。
ETBEはEUを中心に使用されています。

日本では、2007年1月に廃材からバイオエタノールを製造するプラントが大阪府堺市で稼動しました。
日本政府は地球温暖化の対策として2010年にバイオ燃料の50万キロリットル導入を目標としています。
このうち9割以上は輸入になると見られています。

輸入は主にプラジルからのエタノールになると見られていますが、ブラジルでも需要が拡大しており、他国も輸入している為、日本が大量輸入するのは簡単ではありません。

廃棄物を原料とするなど食料と競合しないバイオ燃料の生産は石油代替の手段となります。
しかし、バイオ燃料の急激な重要増加によって、とうもろこしなど燃料の原料である農作物の価格が高騰するなど問題が起きています。

食料と競合しないバイオマス利用の対策が求められています。
地球温暖化の対策としてのバイオマス利用が、逆に地球環境を悪化させてはいけないのです。