パーム油とは、アブラヤシ(オイルパーム)から取れる油のことです。
2005年にはパーム油が大豆油を抜き、世界で一番多く使われる食用油になりました。

食用だけでなく、石油代替や地球温暖化の対策としてのバイオディーゼル燃料として注目されています。

パーム油はマレーシア、インドネシアが2大生産地で、2005年時点、世界の生産量の約85%を占めています。
マレーシアでは1960年代に大規模プランテーションが急激に造成され始めました。

1985年から2000年までのマレーシアにおける森林減少の約87%はアブラヤシのプランテーションの開発によるものとされています。

インドネシアでは、1980年代から大規模なプランテーションが開発され、パーム油生産が行われるようになりました。

アブラヤシのプランテーションには広大な用地が必要であり、造成によって森林破壊が起こり、森林の減少や生態系への影響が懸念されています。

アブラヤシのプランテーション造成が、ボルネオ島の熱帯林減少の最大要因であり、熱帯林に固定されていた炭素が森林減少によって放出され、地球温暖化を加速させているのです。

プランテーションの開発に伴う問題としては、違法な開発での火入れによる森林火災、土地をめぐる紛争や森林に依存している住民の経済や文化への影響、森林が少なくなることでの動物による農作物被害などがあります。

プランテーションの操業においては、農薬や化学肥料による土壌・河川の汚染、廃液や残渣(ざんさ=廃棄かす)からのメタンガス発生と大気中の放出による地球温暖化の加速、低賃金労働、児童労働などの問題が挙げられます。

地球温暖化の対策としての取組みが、生産地で環境破壊や社会問題を引き起こしては意味がありません。
持続可能な社会を作る為には、世界全体で取り組んでいくことが重要となります。