製品の原材料の調達から、製造・流通・使用・廃棄または再利用に至るまで製品のライフサイクル全体のエネルギー商品や環境負荷を定量的、客観的に評価する手法が、ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)です。

エネルギー投入量、材料の使用量、二酸化炭素排出量などが、その数値として用いられます。

商品や活動を選択する時、環境負荷を比較検討する時の目安となります。

消費時に同じ量の二酸化炭素を排出する商品でも、生産や廃棄の段階まで合わせると無視できない商品もあります。

同機能の商品を比べたり、新旧の商品の環境負荷を比べることもできます。

住宅の二酸化炭素排出量は、断熱・気密化工事の際に増えますが、完成後は暖房器具の使用を削減できるので、全体では二酸化炭素の排出量を削減できることになります。

それは、省エネ建築が環境に有効だと具体的に証明された事になります。

LCAは1960年代、アメリカで始まり、その後ヨーロッパで発展してきました。
欧米諸国への輸入でLCAの評価を求められることが多くなっており、日本でもLCAを導入する企業が増えています。

地球温暖化の対策として、製品が環境に与える影響を分析・評価するLCAは、大きな意味を持っています。

企業の環境報告書には、このLCAへの考え方や取組みの情報を開示しているところもあります。

製品の環境負荷を考えた取組みは、地球温暖化や地球環境を考えた対策であると同時に、消費者も、環境負荷の少ない商品を選ばなければなりません。