1992年の地球サミットで採択されたアジェンダ21で、大量資源消費社会から持続可能な社会への転換の必要性が強調されました。それを踏まえて国連大学が1994年にゼロエミッション構想を創設しました。

本来の自然界は、食物連鎖のメカニズムの中で、動植物ともに何一つ無駄になるものはなく、もちろんゴミも出しません。

このメカニズムを産業界や社会生活において、実現できないかという考え方がゼロエミッションです。

ゼロエミッションは、まず生産工程から見直していこうという考え方です。
リサイクルが生産・消費を止められないのとは違い、ゼロエミッションはどんな資源を使ってどんなものを作るか、から始まり、製品や副産物が廃棄物になるまでの工程を考えておくことが重要となります。

ゼロエミッションには、まず産業施設内でのゼロエミッションが挙げられます。

キリンビールは1998年に全ビール工場で廃棄物ゼロを達成しました。

次に工業団地内での複数企業によるゼロエミッションがあります。
山梨県の国母工業団地や、川崎市のゼロエミッション工業団地がその例といえます。

3つ目は、地域やコミュニティが取り組むゼロエミッションです。

ゼロエミッションは廃棄物を出さない対策として企業や地域が個々に行うことにもおおいに意義がありますが、さらに大きなネットワークで行えば、環境保全と共に新たな産業・雇用も発生し、地域社会の発展にもつながります。

地球温暖化を防止する為の対策として、ゼロエミッションは環境と経済の両立を目指した大きなプロジェクトです。

日本国内だけでなく、全世界がこのコンセプトを取り入れることで、地球温暖化を防ぐことができるはずです。