「不都合な真実」など長年の環境活動で有名なアメリカ前副大統領アル・ゴア氏とIPCC(気候変動に関する政府間パネル)に、2007年度ノーベル平和賞が授与されました。

IPCCは、1998年に設立され、地球温暖化に関する政府間レベルの検討を行っています。
世界の科学者が温室効果ガスや温度上昇の測定を行い、科学的意見を出しあっています。
これまでに、1990年から4回報告書を発表しています。

2007年11月、第4次評価報告書統合報告書が発表されました。
その内容は下記の通りです。

気候システムの温暖化は疑う余地がありません。
地域的な気候変化で、多くの自然生態系が影響を受けています。
温室効果ガスの濃度は産業革命以前の水準より大きく超えています。
20世紀半ば以降の地球の平均気温上昇のほとんどが人為起源の温室効果ガスの増加によるものです。
現在の状況のままだと、温室効果ガス排出量は20~30年増加を続け、21世紀には20世紀よりも大規模な温暖化がもたらされます。
今後20~30年間の対策と投資が、温室効果ガス濃度の安定化に大きな影響を与えます。
たとえ、温室効果ガスの濃度が安定化しても、数世紀に渡り人為起源の温室効果ガスや海面水位上昇が続きます。

地球温暖化防止の対策は早急に行う必要に迫られており、子孫に大きな影響を及ぼす事態に直面していると言えます。

地球温暖化が資源の奪い合いや貧困の広がりなどを招き、国際紛争へつながるため、地球温暖化の対策が平和維持にかかせないからにほかなりません。