エコツーリズムとは、エコロジーとツーリズムからの造語です。
通常のパッケージ・通過型の観光旅行とは違って、地域の自然環境の保全に配慮しながら自然と触れ合ったり、自然観光資源について有識者から案内や助言を受けて、知識や理解を深めたりする活動のことを指します。

実際に自然と触れ合うことで、その仕組みを理解したり、ゴミを散乱させないなど自然保護に配慮した観光を推進しなくてはなりません。

しかしながら、地域環境への配慮を欠いた自然体験ツアーをエコツアーと称したり、観光によって逆に自然環境に悪影響を及ぼす例も見受けられます。

この為、エコツーリズムを通じた自然環境保全、観光の推進、地域振興、環境教育推進を図るために2007年6月エコツーリズム推進法が制定され、2008年4月1日施行されました。

この法律では4つの基本方策が定められています。

(1)政府がエコツーリズムの基本方針を策定する。
(2)市町村が事業者、NPO等、専門家、関係行政機関、土地所有者など地域関係者による推進協議会を設置できる。
(3)協議会はエコツーリズム推進方策を策定できる。
(4)地域の自然観光資源を保全する。

エコツーリズム推進法の特徴は、環境保全だけにとどまらず、地域環境と密接に関係する風習など伝統的な文化をも含めていることです。

エコツーリズムをいち早く取り入れている知床、小笠原などの地域がある一方、これから取り入れようとしている地域もたくさんあります。

地域の自然を大切にして、環境の保護など自然への関心を高めることは、地球温暖化を防止する大事な対策の一つと言えるでしょう。

これ以上、地球温暖化を進めさせない為にも、まず身近な環境に関心を持ち、それを守る対策を考えるのが大切なのです。