地球温暖化など環境問題への対策に関心が高まりつつある今、企業にも法令順守だけでなく、社会的責任として積極的な環境への対策が求められてきています。

この動きの中で、国際標準化機構(ISO)が1996年に企業などの組織の環境面における経営のあり方に指針を与えるマネジメントの規格となる、ISO14000シリーズを策定しました。

ISOは1947年に設立された世界的な非政府間機構で、国際間の取引を円滑にするための国際規格を定めています。
この規格を取得することで国際取引が非常に有利となり、また消費者にアピールできる利点にもなります。

地球温暖化や環境問題への対策を国際的に進めるために、国際的なガイドラインは不可欠なものと言えるでしょう。

ISO1400シリーズには下記のようなものがあります。

< ISO14001(環境ISO) >

環境マネジメントシステム(EMS)に関する審査登録の基準となっている規格です。
Plan(計画)Do (実行)Check(点検)Action(見直し)のサイクルからなるプロセスを構築してそれを繰り返していきます。企業などの組織が自主的にEMSを行うためのシステムを設計し、その実行を宣言しています。

第三者機関が審査認証する仕組みとなっており、自主的な取組みを促すものです。
この規格を持っていない相手とは仕事をしないという企業も多くなってきたため、中小企業にも普及してきました。又、自治体の取得も増加しています。

< ISO14004 >
環境マネジメントシステムの原則とシステム・支援技法の一般指針を与えるものです。

< ISO14010~12 >
環境監査の一般原則、環境マネジメントシステムの監査手順や、環境監査員のための資格基準を示したものです。EMSが14001の要求事項を満たしているか、あるいは適切に機能しているかを監査するものです。

< 14020~25 >
環境ラベル(製品やサービスの環境に対する側面について、製品・包装ラベル・製品説明書・広告シンボルなどを通じ購入者に伝達するもの)について

< ISO14031 >
環境パフォーマンス

< ISO14040 >
ライフ・サイクル・アセスメントを行うためのガイドラインです

< ISO14050 >
EMSで使用されている用語を定義しています。