環境ラベルは、商品やサービスが環境に与える影響に関する情報を、ラベルの形で表示したものです。

消費者に対しては環境に優しい製品の選択を、企業には環境に優しい製品の開発と製造を促しているものです。

環境ラベルには次のようなものがあります。

< エコマーク >

ISO規格に則した環境ラベル制度で、ライフサイクル全体を考慮して環境負荷が少ない、あるいは環境保全に役立つ商品につけられているマークです。

2007年9月現在、4726商品にエコマークが表示されています。
エコマークは環境(Environment)と地球(Earth)の頭文字「e」の形をした手が地球を包み込むデザインになっています。

< 牛乳パック 再利用マーク >

最終商品にマークをつけて販売を希望する企業は使用許可を受けます。
使用済み牛乳パックを原料として全部もしくは一部に利用した商品につけられています。
2006年3月現在で、印刷用紙、ノート、トイレットぺーパーなど17品目が対象物品になっています。

< 省エネ ラベリング制度 >

省エネルギー法に基づいて定められた、省エネ基準達成度を表示する制度です。
基準を達成した製品には緑色のマークが、通常の省エネ性を持った製品のマークは橙色で、表示されます。
エアコン、冷蔵庫、テレビなど16品目が対象物品です。

< 統一省エネラベル >

市場に出まわっている製品のエネルギー効率の位置づけを、最もすぐれているが5つ星から1つ星までの5段階評価で表示しています。
エアコン、テレビ、電気冷蔵庫の3品目が対象品目となっています。

< 低排出ガス車認定 >

自動車の排出ガス低減レベルを占めるもので、自動車製作者からの申請に基づき、国土交通省が認定します。
低減レベルによって、超・優・良の3段階があります。
排出ガスの低減性能が高い自動車を普及させるという狙いがあります。

このように地球温暖化の対策として様々な商品やサービスが販売されています。
環境ラベルは、この他にも、エコガラス、グリーンマークなど様々なものがあります。
多くの商品の中から、ラベルを確認して、環境に優しい商品を選ぶ時の目安としてください。
一人一人の意識を持った消費が、地球温暖化を防ぐ大きな対策となるはずです。