「ミツバ」は、茶碗蒸しにちょっと添えると、その特有の香りとたんぱくな味がほっと心を和ませてくれます。
一度にたくさん使うものではありませんから、お世辞にも料理の主役にはなりがたい野菜ですが、日本料理では欠かせない名脇役です。
冷涼な気候を好み、春と秋が最も育てやすいとはいえますが、夏は日覆いをし、冬は温かい場所で保温をすれば季節を問わずに栽培可能です。
プランター栽培ができますので、冬は室内で育てると、観葉植物代わりにもなり目を楽しませてくれます。
品種としては、家庭菜園の場合、短期間で収穫できる青ミツバがお勧めです。

畑の準備と施肥
●土作り
ミツバのタネは比較的発芽しにくいので、畑の土作りは入念に砕土をします。容器栽培する場合は、表土をふるいでふるうなどの配慮が必要です。
タネは15センチメートル間隔のすじまきにします。好光性なので、覆土はタネをうっすらと覆う程度にします。まき終わったら、軽く押さえ、タネを土に馴染ませます。

●追肥 乾燥に弱いため、発芽まで、そして発芽後も水遣りを欠かさないように注意します。また土が固くなるようならすじ間を軽く耕してやります。込み合わないように順次間引きをし、半月に1度くらい追肥をし、肥料切れしないようにします。
*葉柄が15センチメートル程度の長さになったら根元から刈り取って収穫します。刈り取ったあと、薄い液肥を与える(追肥して充分な水遣りをする)と、再び根元から芽が伸びてきて、これも収穫できます。