ログハウスにもタイプがいろいろあり、構法や木材の加工法によっていくつかに分類されます。

ログハウスの構法には、日本の正倉院に見られる「丸太組み構法」と、在来工法と同じの「軸組み構法」の2種類があります。

丸太組み構法は、ログハウスと聞いてすぐにイメージできるタイプの建物で、壁となる丸太を水平に積み上げ、その壁全体で屋根を支えるという構造になります。

強度の面から構造上の制約があり、間取りなどのプランの自由度は低いと言えますが、ダイナミックなログハウスの持ち味を実感できる構法でもあります。

軸組み構法は「ポスト&ビーム」とも呼ばれ、柱と梁にログ材を使用し、壁の部分は板張りや石張りなどで仕上げる方法です。

これは柱(ポスト)と梁(ビーム)に太いログ材を使い、その柱を壁で隠さずに表面に見せて仕上げるため、ログの持ち味を十分楽しめるログハウスになっています。

従来の木造在来工法とほとんど同じ構法であり、日本人には馴染みやすいログハウスと言えるでしょう。

壁の素材を石にしたり板にしたり、あるいは漆喰などの塗り壁にしたりとデザインを楽しむこともできます。

軸組み構法のログハウスはハウスメーカーが提案するロハス住宅などに用いられることもあり、壁の素材に一工夫したり空間のアレンジによって住み心地を改善したりと環境に配慮した住居となっていて興味深いものがあります。

ポスト&ビーム構法のログハウスは法律上、木造在来工法と同じ扱いとなります。
そのため建築条件をクリアしやすく、空間のプランが比較的自由に行なえるのもメリットとして挙げられます。
丸太組み構法ではできなかった壁一面の大きな窓や多角形のプランも可能で、避暑地のホテルやペンションとしてもよく見かけます。

ポスト&ビーム構法は、増改築にも対応しやすい点も特徴のひとつです。
壁の素材だけでなく、柱や梁に使うログ材もハンドカットやマシンカット、角材などと好みに合わせて選ぶことができ、ライフスタイルに合った家を作ることが可能となります。
ポスト&ビーム構法により、住む人に合った多種多様な居住空間を実現できる家としてログハウスが広がっていくことでしょう。