せっかく家庭菜園をするのですから、極力、農薬に頼らずに病気や害虫を防除し、健康にも環境にも良い、野菜栽培をしたいものです。
無農薬栽培をめざす為の大切なポイントをあげてみます。

1.土づくり

野菜作りのための良い土壌を作ることが、良い野菜作りの基本となります。これは露地栽培にも、プランター栽培にもいえることです。
良い土壌とは、堆肥などの有機物を多く施し、よく耕して通気性と水はけの良い土をいいます。以下の点に気をつけましょう。
●畑を清潔に保つこと。
●水はけを良くし、乾燥したときに水やりをする。
●チッソ肥料を与えすぎない。

2.栽培方法

土づくりの次に大切なのは、栽培の方法に工夫することです。同じ種類の野菜を毎年同じ場所、同じ用土でつくると、土壌伝染病に侵される危険が高くなります。また、欲張って厚まき、密植をすると苗が弱くなります。
●連作を避け、輪作を心がける。
●厚まき、密植を避ける。
●抵抗性の品種を選ぶ。

3.病害虫の防除

良い土をつくり、栽培方法を工夫しても、病気や害虫が発生することはあります。いかにその被害の拡大を、農薬を用いずに抑えるかにあります。害虫の最初の一匹、病気の最初の一株をいかに早く見つけ、除去するかが、病気や害虫の大量発生を食い止める鍵になります。
●害虫は見つけ次第、手で捕るのが基本です。
●病気の株は早めに抜き取る。

4.農薬はもっとも一般的なものを最小限で使う

素人判断で特殊な農薬を使うのは危険ですし、まったく的外れのこともあります。
最も一般的で、基本的なものを使いましょう。