家庭菜園で手塩にかけて育てた野菜たち。少々形がいびつでも、おいしく食べたいものです。
家庭菜園の場合は、スーパーで買ってくるのとは違い、一度にたくさん収穫があることがあります。
そんな時は、新鮮に保存する工夫が必要となります。

野菜も人間と同様、呼吸をしています。この呼吸は野菜の生命維持に必要なのですが、新鮮さや栄養、味を失わせる原因にもなります。
冷却することで呼吸を抑え、新鮮さを保つことができる野菜が多いのは確かですが、だからといって何もかも冷蔵庫に押し込めてしまえばいいというものでもありません。
それぞれの野菜にとって居心地の良い温度で貯蔵するようにしましょう。

●貯蔵適温
あくまで目安ですが、それぞれの野菜にとっての貯蔵適温をあげてみます。

●15℃程度・・・しょうが、サツマイモ、など。
●10℃程度・・・キュウリ、ピーマン、ナス、里芋、カボチャ、など。
●0~5℃程度・・・メロン、ジャガイモ、玉ネギ、カリフラワー、イチゴ、白菜、大根、スイカ、ブロッコリー、など。
●0℃以下・・・枝豆、エンドウ豆、小松菜、ニンジン、キャベツ、ホウレン草、ごぼう、など。

トマトは、少し青い程度のものは15℃付近でいいのですが、完熟したものは0℃以下に保存することが理想です。
しょうがやサツマイモ、なす、キュウリなどは、さほど冷却する必要がなく、冷却しすぎるとかえって冷温障害を起こしやすい野菜なので注意が必要です。
10日近くも冷蔵庫に入れっ放しは避けましょう。一方、3~4日程度なら、ポリ袋に包み、冷蔵庫で保存すると新鮮さを保つことができます。