オゾン層の破壊

オゾン濃度の高いオゾン層と呼ばれるものが、地上の10kmから30km上空にあります
オゾン層は、宇宙からの有害な発ガン性の高い紫外線を吸収し、地上の生物を保護しています
同時に大気の気温分布を決め、気候の形成にも大きな役割を果たしています

長い間人類が使用してきたフロンガスがこの大切なオゾン層を破壊し、そこにオゾンホールと言われる穴をあけている事が問題になっています

オゾン層の破壊は、単に気象や気候の変化にとどまらず、地球上の人間や、さまざまな動物や植物に悪影響を与えています