「地球温暖化と対策」の記事一覧(2 / 3ページ目)

自動車リサイクル法について

地球温暖化と対策

使用済み自動車は中古部品や使用金属の回収の視点から価値が高く、法律の施行前から解体業者によってリサイクルが進んでいました。 しかし、車の解体や破砕の後に残る廃棄物であるシュレッダー・ダストの処分費が産業廃棄物処分場のひっ […]

クールビズとウォームビズ

地球温暖化と対策

2005年の夏、オフォスでの冷房温度28℃を定着させる為の対策として提案されたのがクールビズです。 上着を脱ぎ、ネクタイをはずすと体感温度が2℃下がることから、オフォスでの快適なファッションとして提案されたクールビスはブ […]

原子力発電について

地球温暖化と対策

原子力発電とは、ウランなどの核燃料が原子炉の中で核分裂するときに出る高温・高圧の蒸気を利用して発電するシステムのことです。 日本では、1966年に東海発電所が最初に原子力発電を始めました。 燃料のウランはオーストラリアや […]

太陽エネルギーと風力発電について

地球温暖化と対策

再生可能エネルギーは、化石燃料とは違って、太陽が照り続ける限り、枯渇しない自然エネルギーです。 現在、地球温暖化抑制の対策として導入が図られています。 再生可能エネルギーの中で、導入が進んでいるのが太陽光発電になります。 […]

バイオマスエネルギー

地球温暖化と対策

その1 バイオ(生物)マス(量)とは、家畜の排泄物や生ゴミ・木屑などの動植物から生まれた再生可能な有機資源のことをいいます。 家畜の排泄物のたい肥利用・メタンガスの生成、製材工場等の残材からのエタノールの抽出や、下水汚泥 […]

バイオ燃料について

地球温暖化と対策

2005年末現在、世界のバイオ燃料の生産量は、バイオエタノール約3650万キロリットル、バイオディーゼル約400万キロリットルです。 。 バイオエタノールの生産量は、アメリカとブラジルの2ヶ国で世界の生産量の約7割を占め […]

ページの先頭へ